不動産担保ローンを使い事業資金の確保

金額はそれ程高額なものは要りません

個人経営のお店を運営している低金利であり高額な融資を受ける金額はそれ程高額なものは要りません

金額はそれ程高額なものは要りませんでしたので、必要となる金額に少し上乗せする形で契約を交わしローンの担保になる不動産の権利書などの種類を集め信用金庫の店舗内での契約を締結、すぐにお金を仮入れることができました。
現金を手にしたときにはこれで運転資金で悩むことがなくなるなど安堵感を得ることができたのですが、その反面返済ができなくなると自宅は売却しなければならないなどの不安も大きくなってきました。
ここからは、返済するまでの間は何が何でも返すといった気持ちで仕事に取り組むようになったのですが、これは今までになかった気持ちでもあり不動産担保ローンを使うと気持ちも変わるものなのではないだろうかなどと考えるようになったのです。
支出となるお金は徹底的に抑えるようにした、今まで簡単に出していたお金もじっくり考えた上で出すようにし仕入れについても必要最小限だけを注文する、どうしても足りなくなったときに追加注文をするなど経営面の中での気持ちおよび対応の仕方などに変化が起きました。
なお、事業を拡大したことで利益が増えて来て返済に充当できるお金にも余力が生まれるようになった、不動産担保ローンを使わなかったどのようになっていたのか明確にはわかりませんが、気持ち的な部分においては成長したのではないかと考えられます。