不動産担保ローンを使い事業資金の確保

個人経営のお店を運営している

個人経営のお店を運営している低金利であり高額な融資を受ける金額はそれ程高額なものは要りません

個人経営のお店を運営しているのですが、仕入れ値の値上がりにより資金繰りが厳しくなることもありました。
ある程度の運転資金は確保していたのですが、事業を拡大することになったとき設備投資が必要になりその投資で多くの資金を使ってしまった、しかも仕入れ値が高騰となり運転資金が回りにくくなったのです。
このようなアクシデントは多くのお店などでありがちなパターンではあるけれども、経費を節約しながら日々やりくりに追われる毎日は結構きついものもありました。
資金計画が乱れているなどからも、従来融資を受けることができた金融機関も融資が厳しいなどまとまったお金が必要ではあるけれども途方に暮れてしまうこともありお店をたたまないとならないのだろうかなどの不安も強くなって来たのです。
一時、消費者金融の事業ローンやビジネスローンなどを利用しても良いのだろうか、このようなことを考えたこともあったのですが銀行からの融資金利と比べると非常に高い金利ですから借入ができても返済で苦労すると大変などから利用することを諦めました。
お店はテナントでしたが、自宅は所有不動産などから不動産担保ローンを使う方法もありました。

住宅ローン組みたくてアルヒの店舗で話を聞いてきた!
事業性ローンはすべて換算しないとな!
公庫無担保もコロナ融資も不動産担保ローンもすべて事業性扱い🙌

— I've@サラリーマン×物販×不動産×スト (@cpavh202) September 10, 2021

不動産担保ローン / 不動産担保ローンの金利ランキング